戒めの為にここに体験談を記載します。

過去におよそ200万円程、クレジットカードのカードローンで2度も借金を負い、結果的に1度目は借り入れと同時期に貯めていた預金で返済し2度目は妻の退職金で返済できましたが、返済までの間は常に精神が追いつめられている状態にありました。

1回目の体験談です。当時20才位でした。原因はおもにパチンコと買い物でした。一括返済で借り入れてましたがそのうち返済方法をリボ払いに変更し、パチンコで負けた借金をパチンコで取り返そうとする悪循環となり借金は60万円程に膨らみ、ちょうど満期を迎えた貯蓄100万円の一部で返済をしました。

苦労して貯めた100万円の半分以上が短期間で失ってしまった事実に愕然としました。同時に辛い精神状態から開放される安堵感もありました。

一眼レフタイプのカメラは、レンズが2本付いて10万円前後で買えるケースもありますが、本格的に写真を趣味にするためにはカメラとレンズのペアで30万円以上かかります。

これほど大きな買い物は、クレジットカードを利用するより現金問屋で買った方がはるかに安いケースが多いです。

私が買ったカメラは35万円しましたが、クレジットカードが利用できる量販店では40万円近くするものです。

たまたま手持ちがなく結婚式が続いた事もあり、楽天銀行カードローンを利用して、合計20万円借りたことがあります。

限度額は150万円だったのですが、そこまで使うこともないだろうと思い20万円だけリボルビング払いにて返済することにしました。

しかし、その後、病気にかかり入院して手術をすることになったのですが、もちろん貯金もなく、有給休暇も使いきってしまったこともあり、限度額いっぱいになる130万円を追加で借り入れしました。