私は今三十代前半の会社員です。私がこれまでの人生でお金を借りた事のある中で金額が大きいのが車を購入する際のカーローンです。

私は学生時代から社会人になるにつれて車に乗っていたのですが、その車が故障でこれ以上乗るなら買い替えたほうが安くつくと言われ買い替えることにしました。

車がないと困る生活圏なので仕方なくです。

20代後半から付き合い始めた彼氏が、私が住んでいたマンションに転がり込むような形で同棲生活が始まりました。

彼は付き合い始めた時から仕事をしておらず、私が働き生活をしていました。

そして同棲を始めて暫く経った頃、私がタンスに眠らせて使っていなかったクレジットカードが何枚かあったのですが、そのカード会社から請求書が届きました。

数年前になりますが、家を建て貯金も新居の費用(頭金、不動産購入の手数料、家具、電化製品等)にほとんど無くなり、これから毎月のローンを払いながら、少しずつ将来の貯蓄もしていかなければなあ、なんて思っていた矢先に会社が倒産しました。

幼い子を抱え、建てたばかりの家のローンもあり、まさにお先真っ暗の状態でした。

幸い会社は次の経営者が現れ事業を継続、とりあえずリストラ対象にもならずに仕事および給料も支払われることになり安心していたのです。