一眼レフタイプのカメラは、レンズが2本付いて10万円前後で買えるケースもありますが、本格的に写真を趣味にするためにはカメラとレンズのペアで30万円以上かかります。

これほど大きな買い物は、クレジットカードを利用するより現金問屋で買った方がはるかに安いケースが多いです。

私が買ったカメラは35万円しましたが、クレジットカードが利用できる量販店では40万円近くするものです。

そのため、利息が1週間無料になるノーローンを利用して25万円キャッシングしました。

次のボーナスで一括返済しましたが、キャッシングの利息は高いとはいえ5万円もかからないので安い買い物ができました。

ノーローンは、レイクの子会社なのでWEBで申込をしても、仮審査終了後はレイクの無人機へ行くことでカード発行までの手続きがスムーズにできます。即日融資と広告していますが、土日であってもカードの即日発行が可能なので、即日融資が可能なわけです。

私の場合は、あえて即日融資の必要はなかったのですが、仮審査の際に指定された源泉徴収票等を持ってレイクの自動機で手続きをしました。

勤め先への在籍確認が気になったのですが、健康保険証を持って行くことで免除されました。即日融資は便利だなと思いました。