私は30代男性、北海道の建築会社に就職し、現場に出て作業員をやっています。

私は数年前まで毎年のように妻の両親に借金をしていました。仕事の稼ぎ時は春雪が溶けてから秋口にかけてです。

その間は非常に忙しく、毎年嬉しい悲鳴をあげています。しかし問題は冬です。北海道の冬は寒いうえに雪がたっぷりと降り積もるので、我々建設業は冬季は殆ど休みです。

たまに除雪の仕事が入るくらいで、本当に小遣い稼ぎ程度の金額しか入りません。

家族もいるのでいつも冬の生活がギリギリです。そしてその時期になるといつも妻の父親から電話がかかってきて、お金、大丈夫か?と聞いてくるのです。

義父としては孫もいる手前、心配なのでしょう。情けない話なんですがその言葉に甘え、毎年20万~30万円の借り入れしていました。

妻の実家は割りと裕福な方なので、それくらいはなんともないようです。以前は50万円くらい借そうか?と聞かれましたがさすがに返済が心配だったので断りました。

なんなら月に5万円とか、その程度の金額のほうが気が楽なのですが...。借りる身としては我儘は言えません。

借りたお金は春、仕事が本格的に始まってから月割にして返済しました。

妻の両親には非常にお世話になっていましたが、私が原因で数年前から不仲になってしまい、冬場の融資も無くなってしまいました。

非常に残念です。