仕事の都合で2年間ほど単身赴任をしました。

住まいが2カ所になると、家賃、食費、光熱費、通信費など衣食住全般の出費が増えるため、ちょっとこづかい稼ぎをしようと、金・プラチナの先物取引を始めました。

株なら経験もあり、いったん買うと値上がりするのを待てば良いのですが、先物は日々の値動きが激しく、証券会社から頻繁に電話がかかってきます。その言葉に動かされて、売り・買いを出し続けていましたが、先物は証拠金取引であるため、損失が大きくなると預託金として追加の支払いを求められます。


売り買いを促す電話の翌日には、証拠金が足りないとの連絡がかかるようになり、毎週のように10万円単位で振り込みをするような状況になりました。


元手はすぐになくなり、振り込みはクレジットのカードローンから行っていました。気がついたときには、借金は数百万円に。証券会社に解約したいと申し出るのですが、そのたびに今日はもうちょっとで良い感じになりますよ、と聞き入れてもらえません。2週間ほど経って、いい加減にしてくれ、やめると言っているのに応じないのはおかしいだろう、と怒りを表に出したら、ようやく解約の手続がなされました。

返ってきたお金は、数十万円。残ったのは、300万円のローン、利息は13%。毎月まめに働いて返済しました。余計な欲を出してはいけないと思いました。